PMS(月経前症候群)は、ホルモンバランスの崩れが大きな原因というのはご存じだと思います。本サイトではより詳しく説明します。
生理前に女性がイライラする、気分が悪い、気分が沈んでしまうのは大抵の大人の方なら知っていると思います。この症状はひどい人だと寝込んでしまう人や嘔吐してしまう人もいます。この症状は生理になる2週間前が多く。基礎体温が0.3℃〜0.5℃上昇している時期になります。このPMSの改善方法について簡単にまとめます。

◇改善方法1.低用量ピル
⇒ピルは避妊薬としての認知の方が強いともいますが、そもそもこれは女性ホルモン剤なのです。妊娠時に分泌される各ホルモンを少量含有しており、体のホルモンバランスを妊娠している状態のように錯覚させて排卵を促す薬です。実はこれがPMSには効きます。PMSは基本的にピルに含まれるエストロゲンとプロゲステノーゲンという女性ホルモンの減少により発症します。そのためピルを服用すればホルモンを補うことができるため症状が治まるといわれています。

◇改善方法2.食事
⇒どんな病気もいえることですが食生活の改善はもっともすぐれた治療方法だと言えます。PMSに主に効果があるといわれている栄養成分としてビタミンB6とイソフラボンが挙げられ、これらは日本人の大好きな大豆から多く摂取することが可能です。豆腐、納豆、きなこなどなどの大豆製品を多くとると良いです。逆に避けたほうがいいものは、カフェイン、アルコール、塩分、砂糖などです。なんだか避けたほうがいいものはどの病気も同じですね。